紫外線療法

紫外線療法「ナローバンドUVBについて」

最近普及してきましたナローバンドUVBについて少し詳しく話させて頂きます。専門的な言葉も出てきますが、治療について興味があれば受診して頂けたらと思います。 これまで日本においては、外用療法にて効果の乏しい乾癬の症例に対しては、中波長紫外線(UVB)療法やソラレンと長波長紫外線(UVA)を用いたPUVA療法が行われてきており、それなりの成果を挙げてきました。

しかし近年欧米にて新たな波長特性を持つ紫外線ランプが開発され臨床応用も進み、かなりデータも蓄積されてきました。ナローバンドUVB(NB-UVB)は中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線で,この紫外線が乾癬治療に有効であることが明らかとなり、オランダフィリップス社で蛍光管(フィリップスTL01)が開発されると共に治療法として普及し始め、現在では乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、白斑、多形日光疹、菌状息肉症の治療に用いられています。

その作用機序としては不明な点も残ってはいますが、T細胞のアポトーシス誘導が効果的に行われるためと考えられています。通常のUVBと較べて短い波長が少なく、日焼けを起こしにくいため照射量を上げることによって治療の有効量に達しやすいと考えられます。

照射方法としてはMED(最小紅班量)の測定後50-70%MEDにて照射を開始し、その後20%づつ増量し、皮膚に紅斑等変化が見られるようになれば、増量の中止や増量幅の縮小(10%)もしくは照射時間の短縮というように基本的なことが定められていますが、一開業医としては、MEDの測定自体が手間のかかることです。簡便な方法として正常部位に200-300mJ/cm2を1cm四方の面積でに何カ所か照射し、紅斑反応が見られないことを確認した後にこの照射量にて治療を開始し、10-20%づつ増量していく方法もあります。照射回数は週1~3回行っています。顔に、特に眼瞼近くに皮疹の見られる場合は閉眼を指示、確認しつつ照射することもありますが、基本的には紫外線防護メガネを着用して頂きます。顔に皮疹の見られない方にはさらにタオル等でカバーしてもらいます。また照射によって皮疹が消退した部位には順次下着等を着用し皮疹の残った患部に限って照射を続けるようにしています。陰部については発癌性や、精子への紫外線によるダメージ防止のためにも早期にパンツ着用を促しています。光線過敏症、皮膚悪性腫瘍の合併・既往のある患者、免疫抑制剤の内服・外用のある患者さんには行いませんが、過去に一定期間紫外線治療を受けたことのある患者さんや20、30歳代の若者にも慢性の副作用である皮膚老化や発癌に関して十分に説明し承諾を得た上で行っています。発癌性に関してはこれまでのUVBやPUVAよりも少ないことが推定されています。最近の種々の文献ではこれまでのUVBと較べては効果が優れていることは明らかです。診療所においては、治療時間も短く(初期には照射時間は1~3分ほど)て済み、場所、人手ともに取られることが無く、有用性が高いのは明らかで、また週1〜3回近く通院する患者さんの利便性を考えると駅近くで夜遅くまで診療を行っている診療所こそが、大病院よりはナローバンドUVBを初めとする乾癬治療に向いているのではないかと考えます。

乾癬治療においてのナローバンドUVBとビタミンD外用剤を併用した場合の相乗効果はしっかり報告されております。共に用いることによって治療に要するUVBの照射量がかなり削減されるとの報告もなされており、私のクリニックでは目下ナローバンドUVBとビタミンD外用剤のコンビネーションが中心です。しかし最近紫外線によるビタミンDの分解が報告されており、使用に当たっては照射後に外用することが大切です。

【小林皮フ科クリニックでの光線療法の進め方】

私のクリニックでは乾癬治療の中心に紫外線療法を据えています。

最近の紫外線照射に用いられている機器としては大きく2種類に分けられます。一つはナローバンドUVBという特に311nm付近の限られた波長の紫外線を照射する機器であり、もう一つはエキシマランプという308nmに限られた紫外線を照射する機器です。波長はわずかな違いのようですが、意外に治療効果や副作用の現れ方が違うので、使い慣れた医者でないと、双方の機器をうまく使いこなして効果を上げることは難しいです。

更なる機器の分類としては、照射面積で分けることがあります。全身を一度に照射する全身型、半面を照射する半身型、さらに限られた面積を照射する局所型、手足のみを照射する手足型、ごく限られた一部分を照射するターゲット型などです。ナローバンドUVBはこれらすべての型に相当する機器が使われていますが、エキシマランプについては今のところターゲット型のみが普及しています。

医師はこれらのうち一つの機器を用いて治療を開始しますが、症状に応じて、例えば全身型で治療を開始して軽快し、皮疹面積が減少してくれば、半身型、局所型さらにはターゲット型へと移行し病変部に応じた治療を行います。逆に悪化してくればターゲット型から局所型、半身型、全身型と照射範囲を拡大する事態になることもあります。また全身型などで広く照射していると、手足、頭部、肘・膝、臀部など難治な部位に皮疹が取り残されてくることをよく経験します。このような時には全身照射とは別日に同時進行で手足型やターゲット型の機器を用いて照射を進めていくこともあります。難治な皮疹をなるべく残さずに同時期に治療効果が得られるよう治療方法を工夫し進めていきます。

現在行われているナローバンドUVB照射療法は、日本ではここ十数年でかなり普及してきました。手間がかからないため、機器さえあれば医師が一人の診療所においても本格的な紫外線療法が可能になりました。照射時間も機器にもよりますが、1回の照射時間は長くても4-5分以内で、エキシマランプでは数秒のこともあります。私のクリニックでは治療開始時は少なくとも週に一度の照射を勧めています。それ以上の間隔を空けると治療効果がなかなか出てこないことがある為です。早期に治療効果を出したい方は1日おきの照射を行うこともあります。翌日だと前日の紫外線照射の影響による刺激感や発赤が残っていることがあるので、連日の照射は行っていません。翌々日まで影響が残っているようなら照射時間を短くしたり、場合によっては照射を中止しています。

適応患者さんとしては、外用治療で効果の得られなかった方、皮疹面積が広くて外用が困難な方、面積が広くなくても目立つ部位に皮疹がある方、他の治療が副作用の出現などで続けられなくなった方、他の治療では副作用の出やすい高齢者の方などが考えられます。通院に難色を示す方、早急な効果を期待する方、乳幼児には不向きと考えられます。

ナローバンドUVB照射装置については、