narrow-band UVBについて

最近普及してきましたnarrow-band UVBについて少し詳しく話させて頂きます。専門的な言葉も出てきますが、治療について興味があれば受診して頂けたらと思います。 これまで日本においては、外用療法にて効果の乏しい乾癬の症例に対しては、中波長紫外線(UVB)療法やソラレンと長波長紫外線(UVA)を用いたPUVA療法が行われてきており、それなりの成果を挙げてきました。

しかし近年欧米にて新たな波長特性を持つ紫外線ランプが開発され臨床応用も進み、かなりデータも蓄積されてきました。narrow-band UVB(NB-UVB)は中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線で,この紫外線が乾癬治療に有効であることが明らかとなり、オランダフィリップス社で蛍光管(フィリップスTL01)が開発されると共に治療法として普及し始め、現在では乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、白斑、多形日光疹、菌状息肉症の治療に用いられています。

その作用機序としては不明な点も残ってはいますが、T細胞のアポトーシス誘導が効果的に行われるためと考えられています。通常のUVBと較べて短い波長が少なく、サンバーンを起こしにくいため照射量を上げることによって治療の有効量に達しやすいと考えられます。

照射方法としてはMED(最小紅班量)の測定後50-70%MEDにて照射を開始し、その後20%づつ増量し、皮膚に紅斑等変化が見られるようになれば、増量の中止や増量幅の縮小(10%)もしくは照射時間の短縮というように基本的なことが定められていますが、一開業医としては、MEDの測定自体が手間のかかることです。私のクリニックでは簡便な方法として正常部位に200-300mJ/cm2を1cm四方の面積でに何カ所か照射し、紅斑反応が見られないことを確認した後にこの照射量にて治療を開始し、10-20%づつ増量しています。照射回数は週2-3回行っています。これは文献的にも5回と3回では明らかな差が見られないことが言われており、また外来通院としては、仕事との両立を考えると3回が精一杯との多数の患者さんの意見によるためです。顔に、特に眼瞼近くに皮疹の見られる場合は閉眼を指示、確認しつつ照射することもありますが、基本的には紫外線防護メガネを着用して頂きます。顔に皮疹の見られない方にはさらにタオル等でカバーしてもらいます。また照射によって皮疹が消退した部位には順次下着等を着用し皮疹の残った患部に限って照射を続けるようにしています。陰部については発癌性や、精子への紫外線によるダメージ防止のためにも早期にパンツ着用を促しています。光線過敏症、皮膚悪性腫瘍の合併・既往のある患者、免疫抑制剤の内服・外用のある患者さんには行いませんが、過去に一定期間紫外線治療を受けたことのある患者さんや20、30歳代の若者にも慢性の副作用である皮膚老化や発癌に関して十分に説明し承諾を得た上で行っています。発癌性に関してはこれまでのUVBやPUVAよりも少ないことが推定されています。最近の種々の文献でこれまでのUVBと較べては効果が優れていることは明らかであり、またPUVAとの比較では海外では内服PUVAとの比較になってしまいますが、同等との見方が大勢のようです。日本でのPUVAバスとの比較検討がまだ不十分であり今後データの蓄積が待たれるところですが、診療所においては、オクソラレンの前処置の必要が無く、まして入浴スペースが必要なく、治療時間も短く(初期には照射時間は1-3分ほど)てすみ、場所、人手ともに取られることが無く、有用性が高いのは明らかで、また週3回近く通院する患者さんの利便性を考えると駅近くで夜遅くまで診療を行っている診療所こそが、大病院よりはnarrow-band UVBを初めとする乾癬治療に向いているのではないかと考えるこの頃です。

最後に乾癬治療においてのnarrow-band UVBと他の治療法とのコンビネーションですが、最近はビタミンA製剤との併用に関して相乗効果ありとのデータが示されておりますが、ビタミンD外用剤との相乗効果はかなり以前に報告されており、最近でも共に用いることによって治療に要するUVBの照射量がかなり削減されるとの報告がなされており、私のクリニックでは目下narrow-band UVBとビタミンD外用剤のコンビネーションが中心です。しかし最近紫外線によるビタミンDの分解が報告されており、使用に当たっては照射後に外用することが大切です。また、ある程度照射量を上げても皮疹が初診時の50%以上残る場合、私のクリニックではさらにチガソンを併用しています。